おもてなし(6/14)

2017年6月14日(水)

場所:戸川公園

今日は戸川公園にてお接待を行いました。

朝は肌寒く感じられましたが、その後、気温があがり、強い陽射しが燦燦と降り注ぐようになりました。

戸川公園の休憩所でお接待の準備を整えて、お遍路さんを待ちました。

待っている間は、今日も顔馴染みの地元の方々が声を掛けてくださいました。三角寺から下りて来た方の話では、今日はお遍路さんと会わなかったようです。好天が続いているとは言え、春の遍路シーズンが終わり、歩きお遍路さんの人数が減っている時期への移り変わりを感じます。

その後、休憩所には立ち寄らずに三角寺へ向かったお遍路さんが二人おられました。お二人ともに汗びっしょり、暑さに耐え兼ねているご様子でした。

ノド飴をお渡しさせていただき、お見送りいたしました。

くれぐれも熱中症にお気をつけくださいませ。

一方、休憩所は心地よい風が通り抜けていて、過ごしやすい環境でした。

そんな休憩所に二人のお遍路さんがお越しになられました。

先に到着されたのは徳島のお遍路さん。ここで早めの昼食をとられました。

すこし遅れて到着されたのは広島のお遍路さん。徳島のお遍路さんとはすでに顔見知りになっておられました。

お二人ともにゆっくり休憩されてから出発されました。

先に広島のお遍路さんが出発され、少し後に徳島のお遍路さんが出発されました。ご出発の際に、徳島のお遍路さんから『童学寺再建支援に向けてのお気持ち』をお預かりいたしました。ご協力ありがとうございました。

お預かりしたお気持ちは責任をもって童学寺へお届けいたします。

その後、お遍路さんの姿はありませんでしたが、地元の男性が休憩所に立ち寄られ声を掛けてくださいました。

初対面の男性で、戸川公園から少し上った先、芝がある民家のご主人でした。

話を伺うと、お飲物などのお接待をなさっていて、戸川公園で野宿されているお遍路さんを見掛けると、お風呂のお接待をしたり、自宅にお泊めしたりするなど、お遍路さんをもてなしているそうです。

そして、「お遍路さんと話すと、お遍路さんからエネルギーをもらっているようで、自分もがんばろうという気持ちになるんだ」と話しておられました。

私も同じ気持ちです。

「まさか戸川公園の近くに、こんなお接待をなさっている方がいるとは・・・」

このサプライズとも思えるお話に驚くばかりで、とてもいい刺激になりました。

ここ戸川の地には、お接待文化がしっかり受け継がれているようです。

今日のお接待は4人でしたが、お遍路さんから色々な話を聞かせていただき、充実したひとときとなりました。

ありがとうございました。

 

本日、出会ったお遍路さんの道中の安全と無事に結願されますことを心から願っております。

南無大師遍照金剛