三角寺川に沿って下り三角寺口バス停に至ると、ここに「しこくのみち」の道標があり、右折するように促しています。

三角寺口から平山までゆるやかに上るルートが新道で、かつて立川街道を呼ばれていました。ちなみに立川街道を左へ、東金川ポンプ場まで下ると、三叉路の角に大正十年建立の標石があり、立川街道と記されています。この標石から三角寺川を渡り土佐北街道に入ってほどなく旧道と合流します。

立川街道は土佐街道の別称でもありますが、大正十年建立の標石に刻まれた立川街道は、明治から大正にかけて新たに整備された新道で、堀切峠を越えて新宮村に至る主要道になりました。ちなみに堀切峠までを七曲りと呼び、その一の曲りが三角寺口で、二の曲りが平山です。

一方、旧道は三角寺口バス停で新道と分かれて、そのまま三角寺川に沿って下ります。正善寺付近で三角寺川を渡り、さらに三角寺川に沿って下り、三角寺川と白石川が合流する付近で古い橋を渡ります。

石段を上って土佐北街道に合流し、右へ進むと標石が建っています。昔は、この標石で土佐北街道に合流していました。

その後、左にカーブしながら大西神社の石段の前を通過して、右にカーブして上り始めると標石があります。

左へカーブして、ほどなく東金川集会所の手前の三叉路に中務茂兵衛の標石があります。

ここが土佐北街道と土佐街道新道との分岐点です。

平山へは土佐北街道を通り、昔、堀切峠へは土佐街道新道を上っていました。

新道(しこくのみち)

新道(立川街道標石経由)

土佐街道新道(西方バス停まで)