現在、新道は道幅が広げられています。その整備された市道を下り、「しこくのみち」の道標に従って右へ曲がります。この場所は、山神社から三角寺へ至るルートとの分岐点です。分水道との分岐点を通過した後、右へカーブし、さらに下ると、左へUターンするようにカーブします。

このカーブで新道と旧道が合流します。

分水道を横切って林道を下る旧道は、焼却施設の水槽から舗装された林道に姿を変えて、新道との合流地点まで下ります。

新道と旧道が合流した後、舗装された市道を下りながら西金川の集落を通過します。