津根に入って地蔵尊と標石が並ぶ辻を通過し、かご池の南側に沿って進み、やがて左側に村山神社の公園が現れます。

村山神社の入口手前に徳右衛門標石が建っています。

村山神社を過ぎて、ほどなく交番を通過し、古い石垣に風情を感じながら進み、やがて面白川に至ります。

ピックアップ情報

村山神社(延喜式内名神大社)

天照皇大神を祭神とし、斉明天皇と天智天皇を配祀とする村山神社は、かつて、伊勢神宮の参宮を上参宮と称し、村山神社参拝を下参宮と称し、西国二十三ヶ国の人々は村山神社の参拝をもって伊勢神宮の参宮に替えていたと伝わる由緒ある神社です。

鳥居をくぐって参道を進み、神門をくぐると正面に垣で囲まれたお宝塚があり、その奥に社殿があります。

また神門をくぐった左側には天然記念物のホルトノキが立っています。