川滝町に入り高知自動車道の高架下をくぐり、椿堂へ向かいます。

整備された車道を進み椿堂へ至る道が新道で、旧道は古下田橋を渡った後、右に逸れて古下田集会所の方へ上ります。

古下田橋の手前で農道に入り、棚田の間を進むと標石があり、その後、右へカーブして坂を上ると、民家の角に標石があります。

ここが椿堂を経由せずに雲辺寺へ向かっていた昔のルート(領家通路)との分岐点です。

椿堂へば整備された農道を進みますが、昔は棚田の畦道のような細い道でした。

やがて原中集落を通過した後、椿堂へ至ります。