峰の地蔵尊から舗装された尾根道を横切り、林道を下って行くと、土佐北街道と合流します。合流地点には標石と土佐北街道標石が背中合わせに建っています。

平山坂と呼ばれる急な坂が始まり、シダが生い茂る場所や石がゴロゴロ転がる坂を下ります。

やがて民家が姿を現し、平山の集落に入ります。

その後も急な坂を下り、標石と丁石、土佐北街道標石が建ち並ぶ場所に至ります。

ここで遍路道は土佐北街道と分かれて右へ、椿堂へ向かいます。