未舗装の山道に入って、丁石を二基通過した後、倒れかかった標石があります。この標石には「村上大師道」と記されています。

傾斜が急な岩場の道を上り、やがて標石と丁石が現れ、ほどなく標石の傍にベンチが設置されています。

この後、傾斜が緩み、歩きやすい林道を通り、舗装された市道に入ります。

市道に入って右へカーブすると標石があり、ほどなく旧道との分岐点に差し掛かります。現在は、舗装された市道を進んいますが、昔の遍路道は市道から右に逸れて、三角寺の西側を通り、南側から旧石段に至ります。

旧道は三角寺の新四国にもなっていて、御本尊石仏等が建ち並んでいますが、新四国を辿り続けると大師堂に入ってしまいますので、大師堂との分岐点に注意してください。

三角寺付近のへんろみち

旧道

金川道

三角寺から平山へ至るルートは2つあります。三角寺に大師堂がなかった時代、三角寺の奥之院である仙龍寺が大師堂だったため、三角寺から地蔵峠を越えて仙龍寺まで下り、仙龍寺から現在の不動堂まで打ち戻り、市仲集落を抜けて堀切峠を越えて、土佐北街道と合流して平山へ下っていました。

三角寺に大師堂が建設された後も仙龍寺を訪れるお遍路さんが数多くいたようですが、時代の流れとともに変化してゆき、西金川へ下り、東金川で土佐北街道と合流して平山へ上るようになりました。

現在、西金川へ下るルートは2つあり、昔の遍路道(旧道)は三角寺川へ下り、分水道を横切ってさらに三角寺川に沿って下る未舗装の林道で、一方、新道は「しこくのみち」です。

三角寺の石段を下りて駐車場を通過し、まず市道を左へ進みます。

商店を過ぎて「しこくのみち」の道標の手前を右に入って下るが旧道で、そのまま整備された市道を下るのが新道です。

市道から右へ入り、舗装された急な坂を下って行くと、左側に未舗装の道が現れます。ここから西金川へ下る旧道は、長い期間眠っていたため、かなり荒れています。

ひと夏越すと雑草に覆われる荒れた道を進むと、竹が立ち並ぶ場所に出ます。右へ下る農道がありますが、ここは正面に立つ竹の間をすり抜けて、沢に出ます。立て続けに沢を渡り、林道に入ります。

右側が流されて幅が細くなった場所を通過した後、下り坂が始まります。

やがて右側に廃墟と化した養豚場が姿を現し、養豚場専用道を横切って養豚場の脇から下ります。

川の水が流れ込んで川状になった道、その右側の迂回道を下ると、分水道と交差する地点に標石があります。

分水道を横切り、林道を下ります。

ピックアップ情報

由霊山 慈尊院 三角寺

高野山真言宗

四国八十八箇所霊場第六十五番札所