城集落をゆるやかに上り、城谷橋を渡ってほどなく山上集会所を通過します。山上集会所の柵の内側に小林一茶が休んだという腰掛石が見えます。角に標石もありますが、柵の外からは確認し難いでしょう。また、山上集会所の正面玄関に向かって左側の庭に標石がありますが、これは移設されたものです。

昭和の迂回ルートとの合流地点を通過した後、横尾集落に入ると標石が二基あります。

民家が姿を消した後、横尾と平木の境辺りに標石が建っています。現在は、ここから右へ折れて、水路に沿って進むのが主流になっていますが、このルートは新しい道で、昔は平木集落を通過していました。水路に沿って進む道と平木集落を通過する道は、おかげ地蔵のすこし手前で合流します。

おかげ地蔵の傍に標石があり、その後、未舗装の山道に入ります。

平木集落を通過する遍路道についてはコラムを参照ください。

三角寺道の真相に迫る(Ⅰ)平木のへんろみち

ピックアップ情報

平木のへんろみち

横尾地区と平木地区との境界付近に建つ標石から右へ進む遍路道とは別に、標石の裏側へ回り込むように下り、平木地区に入って鰻谷川(契川)を渡り平木集落を通過する遍路道があります。元来、遍路道は平木集落を通過していました。

平木集落を抜けて川道に入ると、道と川が同化していて区別ができない状態になっていますが、やがて道と川が区別できるようになり、ほどなく舗装された遍路道と合流します。