四国中央市の遍路道情報

現在、四国中央市における遍路道情報を改訂しております。

順次アップしてまりいますので、貫通までしばらくお待ちくださいませ。

 

四国中央市における遍路道の概要は次の通りです。

➀讃岐街道(新居浜市と四国中央市の境界から中之庄のへんろわまれまで)

②三角寺道(中之庄へんろわかれから三角寺まで)

③金川道(三角寺から西金川地区と東金川地区を通過して平山まで)

④奥之院道(三角寺から地蔵峠を経て仙龍寺までと仙龍寺から市仲地区を通過して堀切峠に至り土佐北街道を下って平山まで)

⑤半田道(平山地区から横尾地区を通り川滝町領家まで)

⑥椿堂ルート(川滝町領家に入ってから椿堂を経由して七田地区まで)

⑦領家道(川滝町領家に入ってから椿堂を経由せず法皇山脈の中腹を通り葱尾地区まで)

⑧佐野道(七田地区から阿波街道の境目峠を経て佐野地区へ)

⑨曼陀峠道(七田地区から三県境の境目を経て旧曼陀峠へ)

⑩三島中央ルート(中之庄へんろわかれから讃岐街道を通り三島中央を経て三角寺へ向かうルート)

⑪村松大師道(讃岐街道を通り村松大師堂を経て三角寺へ向かうルート)

讃岐街道(新居浜市と四国中央市の境界から中之庄のへんろわかれまで)

讃岐街道1 詳細ページ

新居浜市から四国中央市に入ってほどなく讃岐街道との分岐点があります。せとうちバスの関ノ原バス停の手前、交通安全碑から右に入る道が旧道、関ノ原バス停を通過してしこくのみちの道標から右に入る道が新道です。

讃岐街道2 詳細ページ

関川に架かる熊谷橋を渡りゆるやかに上り、千足神社参道分岐点を過ぎると讃岐街道は下手道と上手道に分かれます。上手道は明治以降に開通した道で、西福寺を経由します。

讃岐街道3 詳細ページ

下手道と上手道が合流した後、讃岐街道は竹谷川に架かる岡之端橋の手前で新道と旧道に分かれます。

橋を渡って進むのが新道、橋の手前で左に入るのが旧道です。

讃岐街道4 詳細ページ

新道と旧道が合流した後、讃岐街道は整備された道を進み、三度栗地蔵尊の手前で、新道と旧道に分かれます。

三度栗地蔵院から下り、その流れで道幅の狭い道を下るのが旧道です。国道11号線を渡ったと、新道と旧道が合流します。

讃岐街道5 詳細ページ

新道と旧道が合流した後、讃岐街道は中之庄のへんろわかれまで新旧分かれることは無く、一本道になります。

JRの踏切を渡り、常盤橋を通過した後、再びJRの踏切を渡ります。

 

讃岐街道6 詳細ページ

四国別格20霊場第12番札所の延命寺は「いざり松」と「千枚通し本坊」として知られ、数多くのお遍路さんが参拝に訪れています。

讃岐街道7 詳細ページ

讃岐街道は伊予土居駅の南側を通過した後、中村の松風橋を渡り、近藤篤山の生家、土居酪農発祥の地を通過して、小林集会所に至ります。

讃岐街道8 詳細ページ

小林集会所を通過した後、讃岐街道は池の土手進み、国道11号線を横切ります。その後、桧木川に架かる中津橋を渡ります。

讃岐街道9 詳細ページ

津根に入った讃岐街道は、由緒ある村山神社の南側を通過し、やがて面白川に至ります。

讃岐街道10 詳細ページ

讃岐街道は、面白川に架かる星流橋を渡り野田に入った後、松山自動車道の高架をくぐり、大地橋を渡ります。大地橋が土居町と豊岡町との境界で、橋を渡った後、豊岡町の西端に建つ標石が迎えてくれます。

讃岐街道11 詳細ページ

豊岡町に入った讃岐街道は、ゆるやかに上りながら、隅田川上橋、祇園社、豊田橋を通過し、豊岡小学校の北側を通過した後、豊岡橋を渡ります。

讃岐街道12 詳細ページ

豊岡橋を渡った讃岐街道はゆるやかに下った後、紙の町の煙突群を望みながら、ゆるやかに上ります。

讃岐街道13 詳細ページ

豊岡町から寒川町に入った讃岐街道は西谷橋を渡った後、伊予寒川駅の南を通過します。

讃岐街道14 詳細ページ

コンビニのすぐ南側を通過した後、讃岐街道はゆるやかに上りながら国道11号線から離れて行き、やがて初瀬橋を渡ります。

讃岐街道15 詳細ページ

長い上り坂が続く讃岐街道は寒川小学校の北側を通過した後、喜蔵橋と出口橋を渡り、さらに伊予寒川郵便局隣に建つ西條藩領界標石を通過します。

讃岐街道16 詳細ページ

讃岐街道は寒川町と具定町との境界に沿って進み、中之庄町に入ってすぐに幸橋を渡ります。

持福寺の石柱門の前を通過すると中之庄のへんろわかれまであとわずかです。

三角寺道(へんろわかれから三角寺まで)

へんろわかれ 詳細ページ

讃岐街道17 三角寺道1

国道11号線バイパスを横切ると中之庄のへんろわかれに到着します。ここに標石と休憩所があります。

ここで讃岐街道と分かれた三角寺道はそのまま直進し、その後、標石と地蔵尊が建つ三叉路を右へ入り、石床大師堂、大師橋、延命橋を通過し、国道11号線バイパスに近づいて行きます。

三角寺道2 詳細ページ

国道11号線バイパスを横切った三角寺道は中曽根小学校の北側を通過した後、整備された市道を横切り、次の辻で右折し、八幡神社の方へ上ります。

三角寺道3 詳細ページ

三角寺道は、八幡神社の鳥居の前から東へカーブするように上り、中田井集会所を通過した後、次の三叉路で左折し、松山自動車道の方へ上ります。

もうひとつのルートは、かつて中曽根村と上柏村を結ぶ道で、現在の三島東中学校の傍を通過した後、瀧神社の鳥居と恵照寺の北側を通り、現在の上柏集会所を経由して三角寺へ向かいます。

古地図では、上柏村中央(現上柏集会所付近)を起点として三角寺へ向かう道を三角寺村通路と記しています。

三角寺道4 詳細ページ

松山自動車道の高架をくぐった三角寺道は桃山新墓園を抜けて高台を通り、戸川公園へ向かいます。

戸川公園は休憩所と公衆トイレがあり、数多くのお遍路さんがここでひと休みしてから三角寺へ登っています。春は桜、初夏はツツジ、そして、戸川の清らかなせせらぎがお遍路さんに癒しを与えています。

三角寺道5 詳細ページ

三角寺道は城橋を渡り、山上集会所を通過した後、横尾と平木の境界に建つ標石から南下して契川に架かる橋を渡った後、さらに契川に沿って南下し、左に大きくカーブして契川から離れて、湧水がある休憩所、おかげ地蔵尊を通過した後、未舗装の山道へ入ります。

三角寺 詳細ページ

三角寺道6 金川道1

未舗装の山道に入ると、傾斜が急になり、丁石や標石を辿って三角寺へ登って行きます。

傾斜がゆるんだ場所に休憩所が設置されていて、その後は、ゆるやかに上り舗装された車道に合流します。

右カーブに建つ標石を過ぎると、新道と旧道の分岐点に差し掛かります。

現在の主流は新道で、舗装された車道を下ると三角寺に到着します。

三角寺から平山へは、駐車場を出て左へ、昔ながらの山道か、しこくのみちを下ります。

金川道(三角寺から平山まで)

金川道2 詳細ページ

しこくのみちは近年の整備工事により道幅な広げられています。

一方、旧道は長年放置されていたため、雑草や木々で覆われていましたが、2017年末から修繕作業を行い、現在は通れる状態になりました。

金川道3 詳細ページ

しこくのみちと旧道が合流した後、西金川の集落を通り抜けて三角寺口まで下ります。

金川道4 詳細ページ

三角寺口でしこくのみちは右折して平山へ向かい、旧道はそのまま三角寺川に沿って下り、東金川の大西神社の麓で土佐北街道と合流します。

金川道5 詳細ページ

旧道は土佐北街道と合流した後、東金川の集落を通り、平山へと上ります。県道5号線の下、細いトンネルを抜けた後、しこくのみちと合流しますが、土佐北街道登山口でしこくのみちから右へ逸れて坂を上ります。

奥之院道(三角寺から仙龍寺と仙龍寺から平山まで)

奥之院道1 詳細ページ

三角寺奥之院の仙龍寺へ至る遍路道は、本堂の前の隅から始まります。

奥之院の標石に従って境内を出て、地蔵峠を目指します。

奥之院道2 詳細ページ

地蔵峠から仙龍寺までの下りはかなり急な坂です。

仙龍寺の伽藍に入り、不動堂から八丁坂が始まりますが、清瀧道との分岐点の先で崖崩れにより道が滑落していますので、十分な注意が必要です。

仙龍寺から打ち戻って、中務茂兵衛標石から堀切峠を目指します。

奥之院道3 詳細ページ

市仲集落を抜けてしばらくすると、未舗装の道に変ります。

丁石が建ち並ぶ遍路道にいにしえの風情を感じることができます。

奥之院道4 詳細ページ

堀切峠の峰の地蔵尊から平山へ下ります。

土佐北街道と合流した後の平山坂は厳しい道です。

平山境目ルート(平山から境目まで)

半田道 詳細ページ

平山からはゆるやかな下りが続きます。

椿堂ルート1 詳細ページ

高知自動車道の高架下をくぐり領家に入り、古下田橋を渡った後、右へ逸れて、旧道に入ります。

途中、古い標石で椿堂方面と雲辺寺方面(領家通路)に分かれます。

椿堂ルート2 詳細ページ

原中集落を抜けて椿堂を経由した後、伊予街道に入ります。

椿堂ルート3 詳細ページ

国道192号線が主となりますが、幾度か旧道を通ります。

椿堂ルート4 詳細ページ

葱尾小学校跡辺りで領家通路と合流します。

領家道1 詳細ページ

椿堂を経由しない昔のルートが領家通路です。

古い標石から常楽寺の方へ上り、法皇山脈の中腹を通ります。

領家道2 詳細ページ

現在は舗装されて歩きやすい道になっています。

領家道3 詳細ページ

田尾から的場に入り、葱尾へ下ります。

領家道4 詳細ページ

葱尾小学校跡を過ぎてすぐに伊予街道と合流します。

七田分岐点 佐野道1 詳細ページ

七田分岐点で佐野道と曼陀峠道に分かれます。

佐野道は国道192号線から右に逸れて境目峠を経由して佐野地区へ向かいます。

佐野道2 境目峠 詳細ページ

境目峠の後、曼陀峠へ向かう尾根道と佐野へ向かう佐野道に分かれます。

七田分岐点 曼陀峠道1 詳細ページ

七田分岐点から伊予街道から逸れて遍路道に入ると、しばらく雑草に覆われた坂が始まります。その後、舗装された道に入ります。

曼陀峠道2 詳細ページ

舗装された道はやがて傾斜がゆるみ歩きやすくなります。

 

曼陀峠道3 境目 詳細ページ

舗装された道から左に入り、未舗装の道を進むと三県境の境目に到着します。

境目から未舗装の道を下り、舗装された尾根道に入り、約1キロほど進むと旧曼陀峠に着きます。

 

へんろわかれから三島中央を経由して三角寺へ向かうルート

讃岐街道17 へんろわかれ 詳細ページ

へんろわかれから三島中央を経由して三角寺へ向かうルートがあります。

讃岐街道18 三島中央ルート1 詳細ページ

三島中央に入りさらに讃岐街道を進みます。

讃岐街道19 三島中央ルート2 詳細ページ

西参道を通り、三島神社の前を通過した後、海岸寺橋の手前を右折し、さらに左折してほどなく、讃岐街道から右へ逸れます。

三島中央ルート3 詳細ページ

讃岐街道から右に逸れてゆるやかに上ります。国道11号線を横切ると古い標石が建っています。

三島中央ルート4 詳細ページ

県道124号線を横切り、さらに上って行くと、三叉路に標石が建っています。三角寺の方へ進み、突き当りを右へ。上柏集会所の前を通過して松山自動車道の高架下をくぐると戸川公園に至ります。

村松大師堂を経由して三角寺へ向かうルート

讃岐街道20 詳細ページ

空海伝説が残る村松大師堂を経由して三角寺へ向かうルートもあります。

まず讃岐街道を通り、村松大師堂へ向かいます。

讃岐街道21 詳細ページ

讃岐街道はしみず薬局を過ぎてすぐに左折し、海岸の方へと進みます。

地蔵堂と村松天満宮を経由して村松大師堂へ向かいます。

讃岐街道22 村松大師道1 詳細ページ

村松大師堂は工場地帯の中にあります。

村松大師堂から村松大師道が始まり、旧伊予三島市と旧川之江市の境界線に沿って進みます。

現在は県道333号線が整備されています。

村松大師道2 妻鳥三角寺道1 詳細ページ

村松大師道とは別に妻鳥から三角寺へ向かうルートもあります。

村松大師道3 妻鳥三角寺道2 詳細ページ

ゆるやかな上り坂が続き、国道11号線バイパスを越えます。

村松大師道4 妻鳥三角寺道3 詳細ページ

村松大師道は松山自動車道IC道に沿って進み、妻鳥三角寺道は東宮公園の麓を通過します。

村松大師道5 妻鳥三角寺道4 詳細ページ

村松大師道は三島川之江ICの高架下を抜けた後、契川(鰻谷川)の上流へと上って行きます。

昔の村松大師道は契川から現在の太陽の家の方へ逸れて、太陽の家に西側を通して三角寺へ向かいます。

妻鳥三角寺道は山口公会堂を通過して山神社へ向かいます。

山神社の麓から三角寺へ登ります。

村松大師道6 妻鳥三角寺道5 詳細ページ

平木の集落に入ると、十六丁標石(おそらく移設された)があり、ほどなく十四丁標石に至り、三角寺道と合流し、林道に入ってほどなく村松大師道標石に至ります。

昔の村松大師道は、現在の太陽の家の西側を通過して林道に入り、上柏町と妻鳥町の境に沿って進み、やがて村松大師道標石に至ります。